武蔵野市薬剤師会調剤薬局
武蔵野市薬剤師会調剤薬局
ホーム
薬局の設備
在宅医療
衛生材料
会員ページ
簡易検査
リンク
薬剤師の仕事
お薬Q&A
検体測定/簡易検査

在宅医療


入院中の患者様は、皆様誰もが一日でも早く住み慣れた我が家に帰りたいと願われていることと思います。

しかし、いざ自宅に帰るとなると、ご本人だけでなく、ご家族にとっても、多くの不安を抱えるのも現実です。

そんな不安を少しでも取り除き、安心して生活できる環境づくりに多少なりともお役に立てたならと、 武蔵野市薬剤師会調剤薬局では、ご自宅で療養されている患者様・ご家族様の在宅医療を支援しております。

どうぞお気軽にご相談ください。

我々スタッフが誠意を持って対応させていただきます。

対応地域:武蔵野市、三鷹市、その他地域は要相談

在宅医療のイメージ


在宅医療における薬剤師の意義


少子・高齢化時代を迎え、患者様の医療ニーズや価値観の多様化などを背景に
在宅医療がクローズアップされています。


では、その在宅医療とは、何でしょう?


今迄の医療は、病院・医院・クリニック等へ通院して診察・治療を受ける外来と、病院に留まり、検査・手術・治療等の高度な医療を必要とする入院でしたが、通院不可能な患者様を対象に、自宅療養で、質を落とさず医療を行う “ 第三の医療 ” として在宅医療があります。

高齢になると、永年住み慣れた自宅での療養を希望するのは人間の摂理です。
例え患者さんご本人が入院や施設入所を希望していても、それは家族の負担になるからという理由がほとんどで、「必要な医療や介護が受けられるから…」という理由によることはごく稀です。

そこで、こうした患者さんの希望を叶えるのが在宅医療であり、入院や施設入院での画一的な医療ではなく、住み慣れた場所で患者さんの生活リズムを保ちながら医療を行えるというメリットがあります。

従って、医師や看護婦、薬剤師などの専門職の人達が協力し合い、看護されるご家族様と共に患者さんを支えてあげることが大事になります。


在宅医療に於いて、薬剤師はどのような関わりを持つのでしょう?


薬剤師は訪問時に、処方薬の保管・管理状況、服薬状況、重複投薬、副作用などの実態把握に努めます。

そして、一般薬や健康食品等の使用状況をチェックすると共に、介護用品の相談や要望なども受け、 室内の衛生管理、消毒の状態、医療廃棄物の適正処理等の確認・指導を行います。


具体的には、どのようなことをしてくれるのでしょう?


在宅患者さんの生活リズムは、時として不規則になりがちです。
私達と同じではありません。


朝食がお昼近かったり、昼食が抜けたり、簡単なもので済ませたりで、その人の生活リズムを把握する必要があります。
“食後に服用”というお薬の場合、ご飯を食べた後というイメージがあって、牛乳だけで食事を済ませた場合などは、薬は飲まないということもあるものです。

「お薬、ちゃんと飲んでますか?」と尋ねると、
(あまり飲んでいなくても)大抵の方は「はい」とおっしゃいます。
飲んでいないという方はほとんどいらっしゃいません。


「どんな薬が出ているかちょっと見せて下さいね?」と言うと、
すぐに袋を出してくれますが、一目で残っているのが分かります。
すると、こちらが「きちんと飲んでいないようですね?」と言う前に、
「随分残っています・・・。」と言ってくれます(苦笑)
つまり、在宅患者様の生活を把握した服薬指導がとても大切なのです。


上記はほんの一例ですが・・・、そういった諸々の観点から、
在宅医療に於ける薬剤師の意義はとても大きいといえます。

多様なニーズに対応すべく、武蔵野市薬剤師会調剤薬局は、
在宅医療を支援、サービスの拡充を目指しております。



武蔵野市薬剤師会調剤薬局

COPYRIGHT(C) 武蔵野市薬剤師会調剤薬局 ALL RIGHTS RESERVED.